EarsOpen (イヤーズオープン)|骨伝導イヤホン|パソコン工房 AKIBA STARTUP

展示終了まで

00


展示終了日

20171031

11:00ー20:00
(水曜日定休)


BoCo株式会社BoCo株式会社

BoCoは骨伝導技術を活用したコミュニケーション・デバイスメーカーです。 私たちのビジョンは“骨伝導技術の発展を促し、人類の幸福度向上に貢献すること”、そしてYour Happiness is Our Businessが私たちのビジネスモットーです。

クラウドファンディングで支援総額1億円!
世界最小ハイレゾ級 骨伝導イヤホン 「earsopen」

EarsOpen (イヤーズオープン)

earsopen (イヤーズオープン)は、骨を通じて音を聴く事で、耳を塞がない(鼓膜を使わない) 骨伝導イヤホンです。

当製品なら、音楽を聴きながら、まわりの音もしっかり聞くことができます。
イヤホンやヘッドホンで耳を塞いでいると、気づけなかった周囲の音も聞き取れるので、街中でも安心して音楽を楽しめます。

たとえば・・・
・ 移動中も安心して音楽を楽しみたい
・ 音楽を聴きながら会話したい
・ オフィスで仕事をしながら音楽を聴きたい
・ 音楽を聴きながら安全にランニングしたい

EarsOpen (イヤーズオープン)の特徴

〜 世界最小 且つ ハイレゾ級 〜
これまでにないリスニングスタイルを実現

BoCo株式会社のearsopenデバイスのルーツは、
骨伝導の技術で、多くの基礎発明特許と長い歴史を持つゴールデンダンス株式会社です。

ゴールデンダンス株式会社の技術であるダイナミック振動子は、
その形状を円柱状にすることで振動方向が一定に確保され磁力の放射を限りなく
振動子内に取り込むことができ、駆動の無駄を限りなく減らすことが可能です。
私たちはその技術を10φという小さなデバイスで完成させました。

特許を20以上保有するゴールデンダンス株式会社の骨伝導デバイス技術と、
ソニーのオーディオ製品開発・設計に携わっていたメンバーの技術が融合して作られ、
骨伝導製品として初めての再生周波数特性が4Hz~40kHzという
“ハイレゾ級”音質が実現しました。

EarsOpen (イヤーズオープン)のスペック

自社開発の量産専用機によるJapan Quality

ホームオーディオの熟練の技術者による、アンプ回路設計、デバイス、ハウジング含めたトータル音響特性の最適化を行ない骨伝導では不可能と言われていたMusic Listeningを可能にしました。弊社独自開発のearsopenデバイスの量産専用機を導入した国内自社工場により、信頼のJapan Qualityを実現します。

・DSPによるDRC(ダイナミックレンジコントロール)を実現。
グランドノイズなどの小さな音はより小さくし、大きな音はゲインを下げて音量差を抑えて聞きやすくしています。

・強力なEQ(イコライザ)補正
骨伝導デバイスには、可聴帯域に大きな共振ポイントがあります。
通常はこの帯域外を使うことは出来ませんが、DSPの強力なEQ補正をピンポイントで行なうことにより、遙かに広い周波数特性を実現しています。

メーカーサイト

EarsOpen (イヤーズオープン)について紹介する

  • ツイート

  • シェア

スタッフレビュー

EarsOpenは鼓膜を使わず骨伝導で音を伝える画期的なイヤホンです。骨伝導タイプなので、難聴の方が音楽を楽しむのにもオススメです。試聴したところ、簡単に装着が出来て、更に周囲の音もはっきり聞こえました。

これならば仕事時や運動時に音楽を聴きながらでも車の音、話し声や物音にしっかり気付く事ができそうです。また自転車に乗りながら音楽を楽しめます。

実際にハイレゾプレイヤーに繋げて音楽再生すると、高音から低音まで深みのある音質を楽しむ事ができました。通勤通学で音楽を楽しみたい方、難聴の方、どちらにもオススメなアイテムです。

過去の出展一覧

初出展