freemo(フリーモ)|ノンタッチ赤外線カメラモジュール|パソコン工房 AKIBA STARTUP

展示終了まで

00


展示終了日

2018228

11:00ー20:00
(水曜日定休)


ASCII STARTUPASCII STARTUP

ITニュースサイト「ASCII.jp」内のスタートアップ専門媒体「ASCII STARTUP」では各種スタートアップ企業とのコラボ特別企画を実施中! 最先端ハードウェア企業とのコラボでは商品化企画を特別商品としてお届けします。

ジェスチャーなどの
ノンタッチ操作でパソコンを操作できる
赤外線カメラモジュール

freemo(フリーモ)

freemo(フリーモ)をパソコンに接続すると、直接触れる事なくジェスチャーなどでアプリケーションなどの操作が出来るようになります。これ一つでパソコンのノンタッチ操作を身近なものにする一味違った操作感のインテリジェント赤外線カメラモジュールです。

freemo専用アプリでジェスチャーを操作コマンドとしてカスタマイズし、様々な操作が出来ます。プレゼンテーションのスライド送りや、濡れた手や作業中での操作など様々なシーンなどでも役立ちます。

freemo(フリーモ)の特徴

専用アプリで操作設定すれば既存アプリケーションを活用する事ができます。

freemo(フリーモ)の特徴

■特徴① 「ノンタッチで操作が可能」
モーションセンシングの活用によりノンタッチでハンドサインを認識しパソコンの操作が出来ます。様々な検知機能をモジュール内に搭載しており別途ハードウェアやソフトウェアが不要です。

■特徴② 「既存アプリケーションを活用可能」
freemo専用アプリで操作の設定を行えば、スライドショー、ウェブ・ブラウザなど、パソコンの既存のアプリケーションを活かし、ジェスチャー操作する事が可能です。

■特徴③ 「自分用に操作コマンドをカスタマイズ」
freemo専用アプリでコマンドを簡単にカスタマイズする事で、様々な操作を行うことができます。「掴む」「離す」「まわす」などといったさまざまなハンドサインを認識することができ、それらを組み合わせ操作意図に合わせた展開が可能です。

【こんなシチュエーションに便利】
・例えばプレゼンテーションの補助ツールとして活用。
マウスやキーボードに触れずにジェスチャーでスムーズにスライドを進める事ができます。

・手が濡れたり汚れる作業時の操作に活用。
汚れた手や水に濡れた手でPCを操作する必要がある際、本製品を使用することで遠隔操作が容易になり、調理したり、作業しながらでも楽にパソコンを操作する事ができるようになります。

freemo(フリーモ)のスペック

製品仕様

  • 商品画像 01
  • 商品画像 02
  • 商品画像 03

外形寸法:W42mm x H14mm x D8mm
重量:約2.5g(ケース含まず)
電源:5V
消費電力:最大400mW
通信サポート:マイクロUSB
センシング可能エリア:センサ前面中心から 対角度73.70度 距離50cm以内
検出速度:一秒間に約30回以上
動作OS:Windows 7 / 8.1 / 10

BUY メーカーサイト

freemo(フリーモ)について紹介する

  • ツイート

  • シェア

スタッフレビュー

freemoは高性能な認識処理エンジンを用いて、非接触で手の動きを読んでパソコンに伝え操作できる赤外線カメラモジュールです。実際に現物を触ってみると確かに非接触で手の動きを正確に読んでおり、それに合わせてWindows上のアプリが動作・反応しました。このサイズでこんな事が出来るのか・・と思わず感動!未来を感じてしまうガジェットです!

Web上の地図の操作も出来たりとパソコンを思いのままにコントロール出来ますが実際はプレゼンテーションの活用や、濡れた手や汚れた手での業務機器の操作など ビジネス用途に最大限Freemoの機能が活かそうだ!という印象を受けました!

過去の出展一覧

けん玉技の組み合わせでキリトのソードスキルも発動するSAOコラボ版限定カラー電玉!「電玉SAO EDITION」